三重県鈴鹿市で有名な焼肉店であるの「みさき屋」
にて食中毒が発生!

みさき屋 150x150 鈴鹿のみさき屋(焼肉店)が食中毒で営業停止か!?

 

スポンサードリンク



昭和34年創業の老舗焼肉店『焼肉のみさき屋』

住所
(〒513-0844)三重県鈴鹿市平田2丁目1-5

TEL:059-378-0071

定休日;毎週月曜日(祭日は営業、その翌日が代休)

営業時間:16:00~23:00(ラストオーダーは22:15)

宴会場は12時からOK.

現在は息子が二代目として店を切り盛りしている。

 

2013/6/11~7/16の間に入店した
お客さんの中で男女6人の人がO-157の食中毒に
感染していたそうだ。

症状は下痢や発熱。
そのうち、5人は腸管出血性大腸菌(O157)
が検出された。

食事が原因による食中毒と断定されて、
三重県は同日付で店を営業禁止処分とされてしまった。

ちなみに、6人はそれぞれ別のグループで
11日から16日にかけて焼き肉などを食べたという。

そのうち30代の女性1人が入院したが、快方に向かっている。

そして、公式HPに出されたのがこちら
みさき屋食中毒 鈴鹿のみさき屋(焼肉店)が食中毒で営業停止か!?

臨時休業を5日間ですね。

7/2の本日から営業再開となってます。

 

食中毒の原因や回避方法などいろいろ調べてみました。

食中毒は夏の湿気の多い梅雨の時期などに
菌が繁殖しやすいため起こりやすい。

ただし、1年中菌は発生している。

腸管出血性大腸菌(O-157、O-111など)のような
細菌による食中毒は、5月~9月ぐらいの発生が多い。

やはり夏場ですね。

この時期は、高温多湿を好む細菌が、
梅雨から9月ごろにかけて、増殖が活発になるからです。

回避方法としては、肉料理を生で食べる事や
加熱不足の肉を食べる事は控えましょう。

ユッケなどは生肉ですよね。

今では焼肉店ではほとんど食べる事が出来ませんが。

みさき屋など、肉料理店で食べる時はしっかりと
火を通して肉を食べる事が重要ですね。

食中毒の予防方法や症状などまとめた記事はこちらをクリック